さみfulldays♪

さみ日常雑感食べたものの話

幸せの飽食

生きてるのって退屈だなーと思う時、それは満たされすぎているということだろう。むしろ、生活上の困難や精神的な苦痛もなく、心を煩わせるもののない現状を有難く思わなければならない。

明日、どうなってるかもわからない。

決して当たり前のことではない。「日々が退屈」と思えることは奇跡に近いことなんだ。

広告を非表示にする

もう一つのポップスター③/「真に強き者」

 

余りにも美しく、静謐な光だった。


その魂の中央に剣を突き立てた時、去来したのは殺意でも、手応えでもなく、仄暗い絶望だった。

そして、「ごちゃ混ぜのポップスター」が出来上がった。住人と、地形と、既存の全てが異次元の世界のそれと混じり合い、新しい世界ができた。 魂の破壊がもたらした膨大なエネルギーと、奇跡によって。 奇跡とは…奇跡は、奇跡だ。 あの二人のもたらした何かだと、想像するしかない。
ソルティ・シー。 私は以前にはなかったその名の海岸に二つ、花を手向けた。 彼らは私達すべてを含む、全ての人々の咎をたった二人で背負った。 そしてかの少女は、初めから、たった一人で それを背負おうとしていたのだ…
もう一人の「大王」が生き残らなければ、私はそれを知ることもなかった。

「塩の海」を意味するその場所は、異次元から来た「もうひとりの私」が最初に果てた場所だ。私は彼女を二度、殺した。 カービィそっくりの色をした、いっぱいいっぱいで、それでいて、どこか抜けているような少女だった。 そして私そっくりの色をした、もうひとりのカービィ。昔の私と同じように人を寄せ付けない、頑な目をしていた。
消えたふたりは魂となって蘇った。
私は彼らに、二度目の引導を渡した。

「星の夢」との戦いの時と同じく、再びロボボアーマーを介して艦と融合したカービィをも伴う攻撃の末にも、「それ」は傷の一つもつかない。まるで無抵抗なのに、こちらの攻撃はまるごと吸収してしまい、何一つかわらないのだ。
カービィは消耗している。
埒があかないと判断した私は独り艦から離れ、生身で彼らの本体に近づいた。
白い羽をくぐり抜け、中央に近づくにつれて、「それ」が明らかになった。
私は当惑した。
そこには見慣れた姿があった。
(ハルバードにそっくりだ)
私は思った。
四対の巨大な蝶の羽にかこまれたような、淡く真白に輝く、
しかしあまりに羽に対して小さな、「ハルバードのようなそれ」は
本体であり、本体ですらなかった。
その上に、彼女がいた。
乗る艦(ふね)と同じように、淡く、白く光り輝く鎧をまとい、ただ静かに、そこにいた。
死装束。
私は真っ先にそれを思った。
消えたはずの彼女が蘇った。つまりはそういうことなのだ。
彼女を護る艦は、「彼」だった。
彼女がそれを私に教えた。
「最後までがんばろうね、カービィ!」
彼女は大きく手をかざし、光の羽がゆるりと羽ばたく、大きな空に向かって呼びかけた。それに応えるように巨大な羽がゆったりとなびくと、その羽から出ている無数の白い糸が密度を増した。そして私が思わず振り返り見た、ポップスターを丸ごと覆っていく。
私は「これ」が、ふたりであることを理解した。そして彼女の言葉からは、怒りや憎しみは少しも感じられなかった。
「貴様らの目的は何だ」
私は「彼女」に剣を突きつけ、聞いた。
「わからないけど」
彼女はすこし、子首をかしげた。
「ぼく達は今、ここにいる。ということは、もしかしたら、やれることはやれるんじゃないかって」
「やれる事?」
彼女の言うことに付いていけない。彼らの意図、そしてポップスターに起ころうとしている事、何もかもが理解不能だった。
「僕は、ほんとうは僕たちの世界の人も、君たちの世界の人も、みんな助かればいいのにって、そう、叶わないことだって分かっていながら、願ってたんです。
僕達のしたことからいえば、信じてもらえないでしょう。それは、最もです。
僕たちの偉い王様が、教えてくれたんです。
魂だけになった人は、奇跡をおこすことがあるって。
一度死んじゃったけど、またここにいるってことは、
きっとそうなのかなって」
彼女は明るく、はにかんだ。声がそう語っていた。
「どういう意味だ」
「どうなるか分からないけれど、もし陛下の言う奇跡というものが本当にあるのなら、僕たちで、やってみようと思います」
「力を貸して、くれますか」
「何?」
力を貸せ、とは。
両腕が、広がった。
「……まさか」
口から呟きが漏れる。

メタナイト。ぼくたちを、その剣で破壊してください。
ぼくたちはもう、戻れません。どのみち、ぼくたちがこのままでいれば、何をしだすかわかりませんし、それに、
何か奇跡というものが起こるなら、きっと今が、その時なんです!」
彼女は笑った。
かつん、と金属の音がした。剣が降りていた。
彼女に刃を向ける気持ちが完全に、失せていた………。
「私は」
思わず、声が滑り出た。

どうすればよいのだ?

喉が震えていた。
彼女は、腑抜けてしまった私の言葉にならない問いに答えた。

メタナイト。これは君にしか頼めません。こうするのがいいって、なんとなくだけど、そんな気がするから。これは、君にしかできないから。これは、ぼくの勘です」
そう茶目っ気たっぷりに言う様は、余りに浮世離れしていた。まるで陽気な春の日に、いまから散歩にでもいこうというような口調ではないか。
「あ、いま不安だって思ったでしょう?
でもぼくの勘は案外よく、当たるんですよ?」
確かに。彼女の「勘」にしてやられ、
私は顎を蹴られ、重症を負ったな。
敵同士のはずなのに。私は今の彼女の言葉に思い出話のような余韻すら覚えている。私は。
彼らをまた、殺すのか?殺さねばならないのか?

そして、彼女は笑った。
「また会えたらいいなあって、思ってる」


今度は君のこと、もっと沢山知りたいです。
できたら、友達になれたらいいなあ、
…なんてね。

 

すべてが終わり、わたしは独り浮遊する、真っ平らなアステロイドの岩の上に取り残された。
耳には、その身に突き立てた剣を通して強制的に伝わった、彼らの音にならない「最期の言葉」、その残響が、いつまでも響きつづける。

 

だいすきよ、だいすきよ、カービィ

ぼくたちは、これからもずっといっしょだよ。

うん、ずっといっしょにいられるわ。これからもよろしくね、カービィ

ぼくもきみがだいすきだよ、メタリー!やっと、きみにいえたよ。
もっとはやく、ちゃんといっておけばよかったな。

いいの。
これからはずっと、いっしょだから。

そうだね。ずっと、いっしょだ。
こういうの、すこしてれるけど、ぼくはいま、すごくしあわせだよ。
だって、だれよりもかわいくてしかたがない、きみがそばにいるんだから。

わたしもよ、カービィ。うれしくて、どきどきして、でもちょっとなきそうなの。


わたしたち、もうはなれないわ。

 

……………………

 

「そんな」
何という。なんて馬鹿な。
「私がより強い力を得た、そのために努力をしてきた、その帰結がこれか」
「なんて、馬鹿な………!!!」
ギャラクシアを無造作に突き立て、私は脱力した。
蝶と、白い糸は消えていた。
私の頭と体は、もう動くことを一切拒んでいた。
少なくとも、今の私にあったのは、安堵や、勝利の余韻などではなかった。
もっと酷い、「耐え難い何か」だ。
耐え難い何かは、口を通して、私の中から出た。とても他人には聞かせられない、苦く、情けなさすぎる声だった。

二人の、「もう1人の私達」の存在は
私に、しつこい爪痕を残した。
私は、今まで求めていた「強さ」について、疑問をもたなかった。だけど、本当に私が求めるのはそれなのか、
わからなくなってしまった。

今までの私が求めていたのは、強者を打ち負かす力だけだった。私はただでさえ困難な敵で、「魂化」で、強大になった彼女の魂を、この手で砕いた。
しかし、それを成しえたはずなのに、虚しさしか残っていない。

元は脅威であった「あれ」は元は年端も行かない、年相応の無邪気さを残した、ただの子供たちだったのだ…
今のまま剣の道を極め、戦う力が強くなることも必要には違いない。
だけどそう、「強くなったとしても、」それだけで、私には何が出来るのだろう?

以前私は「より強い、戦う力を得ることで私にとって大切なものを、この愛する星と世界を守ることが出来る」という結論に至った、しかし…

それすらも、できなかった。
彼女や彼の笑顔一つ、守れなかった。
この世界を、二つの世界を救ったのは彼らだ。
私はなにもしていない。

私は凡ゆる武器や術、火器までもを駆使し、なりふり構わず戦う彼女を「似非物」と罵った。 それを心の底から後悔している。

「もし、あの時」彼女の決意を知っていれば。

「もし、あの時」彼女の苦しみを共有できていれば。

彼女も、彼も救えたかもしれない。共に生きることができたかもしれない。 そう「もし」と願うことしかできないくらい、 私はあまりにも、無力だ。無力だった。
威圧すらしてくる、刺々しいオレンジ色の夕日に染まりながら、君だけでも生き延びて、と仲間を救えなかったことを、友に詫びながら涙する彼女の顔も、そして宇宙(そら)の上で、両腕を広げるその姿も、脳裏にこびり付いて離れない。私は、彼女の姿を、二人の生々しい「生き様」を目の当たりにして、今まで描いていたのとは違う、「強さ」を
新しく知ったのだ。
斃れた彼女は「力のないこと」を嘆き、それを切望していた。
私には、ほんのわずか、彼女よりもそれがあった。しかし、
彼らはそんなことなど何にもかからないくらいの「強さ」を持っていた。

自らの犠牲をも厭わず、敵をも憎まず、
自らの眷属でもないあらゆる星の人々をただ純粋に想い、生かそうと、
彼らが決意を持ってそれを成し遂げたのは、
彼らの仲間たちへの、そして互いへの想いがそれほど、深い故だったに違いない。
そしてその想いは突き抜けて、私たちにまでも降りかかった。 それに言葉があるのだとしたら、紛れもなく、『愛』と呼ぶのだろう。
そしてその愛こそが、彼らの「強さ」だった。 自らの犠牲をも厭わぬ、存在を違えるものをも憎まぬ、高潔な愛。

今の私には、ない強さ。

私は彼らのように「強く愛する」ことが
できるのだろうか? 今は、答えが出ない。ただ。
もしまたいつか、どこかで会うことができるのなら、
今度は君達の、名前が知りたい。
私はメルヴィン。メルヴィン・マイカ・メタナイト

私は無言で、オレンジオーシャン、彼らの世界ではマンダリンマリーンと呼ばれた橙の日に染まる、白い花束二つに手を合わせた。

もう一つのポップスター②/王と小さな騎士

「陛下」

謁見の間の赤いカーテンをくぐり抜け、
メタナイトが玉座のもとにやってきた。
「少し、お時間をいただけませんか」
「構わんよ。どうしたのだ?」
その表情は浮かない。桃色の仮面の下には、その上からすらもわかる、強い、憂いに満ちた目を浮かべていた。

「陛下、違う次元にある二つの世界(ポップスター)が一つになりつつあるのが、わたしたちの世界が消えつつある理由とすれば、もう一つの、世界をなくせば、わたしたちは生き延びられる、ということなのでしょうか」
「その可能性はある」
異次元の遺物、ハルトマンテクノロジーによりわかっている限りのことを、私は説明した。
根本的な原因は不明だが、空間に断裂が生じ、歪みの対極にあるポップスターと、我々のいるポップスターが融合を始めている。それと直近の地形や多数の集落消滅との関係が高いと。
「そうなると、向こうの世界の人たちはみんな消えてしまう、ということなんでしょうか」
「そうなるな」
「そう、ですよね」
彼女は暗く、被りをふった。

我々は、遠くないうちに重すぎる決断をしなければならない。
それは、目の前にいる少女にも突きつけられている。
奇跡的に、この星の住民の気質から大規模な国家的争いのないこの星では、彼女の私設軍だけでこの星の実効的戦力の、半分以上を占める状況なのだ。
数年前に父の急死で幼くして私設軍の当主の座を継いだ彼女は、本来であれば、遊びたい盛りの子供だというのに。
「わたしは、もう少し時間が欲しいです」
「私もだよ。だが、じっくり考えるには、時間がなさすぎる」
彼女は玉座の下で俯き、沈黙が流れた。
「あの、」
下を向き、おずおずと彼女が言った。
「本当に、向こうが滅ぶ以外、わたしたちが生き延びる方法はないのでしょうか」
「民話の上での話だが」
私は前置きした上で続けた。
「かつて、星の力を強く引き出し、人々を苦難から解き放ち、導いた聖者がいた。その死後、彼らは魂となって蘇り条理をひっくり返すような奇跡を起こした、という伝説がある」
メタナイトはばっ、と顔を上げた。
「それって…、」
「しかしあくまでそれは、お伽話だ。今の私たちは、現実を見なければならない。思いつめて、馬鹿な事を考えないようにな」
彼女には思い込みの激しいところがあるので、本気にしないように気を払った。
しかしあるのならば、
魔法にでも、奇跡にでもなんでも、縋りたい気分だ。
しかし、我々が生き延びることは何より優先されなくてはならない。そのためにはもう一つのポップスターの存在を「無くす」ことも是としなければならないのだ。
メタナイト、そなたには限りない重荷を背負わせることになるが」
「わかっています。わたしたちもこのまま、黙って滅びる気はありません。」
自分に言い聞かせるように、彼女は言った。
「どうか、何も言わず私についてきて欲しい。全ては私が為すことだ。そなたは自分を責める必要はない」
「陛下の、御心のままに」
まだ幼いメタナイトは剣を置き、跪いた。そのいじらしい姿に、我々の向き合う運命の残酷さを感じずにはいられなかった。
母なる星よ。
これが貴方の意思なのか。

もう一つのポップスター①/白き蝶の魂(ソウル)

目にした彼らの壮絶な生の前に、
こんな小さな花束などなんの慰めになろうか。
それでも私は、二人に対し、何かをせずには居られなかった。彼らのことを忘れないために。

 

パフェの味がしない。
殊更、味わわなければいけないとわかっているにも関わらずだ、
いつものように給仕がパフェを居室に持ってきた。
こんな時に、物など喉を通るはずもない。
しかし…、もうひとりの私も、こうして夜にこっそり甘味を口にして居たのだろうか、とふと思った。
黙って長柄のスプーンをとり、目の前のそれを、すくうと口に運んだ。
味がわからない。匂いも、いつもなら甘いはずのそれが。
彼女なら、一人で食べるより仲良しのカービィと二人で食べることを好むのかもしれない。
彼らは今日の夜、パフェを食べられなかった。

 

「ごめんなさい」
「ぷにぷにちゃん、ごめんね。私、何も守れなかった。強さが足りないから、強くないから私、誰も守れなかった」
斃れ、最後の力を振り絞るように、泣き噦る少女。
ピンク色の、カービィに似た色をしたもうひとりの私。追ってきた私そっくりの色をした、青いカービィに縋り、
彼女は許しを請うように泣いていた。
青いカービィは倒れた彼女を優しく抱き起こし、寄り添っていた。
私は呆然とそれを眺めていた。
彼女を剣の刃にかけたのは、この私なのだ…
そして二人は
足先からゆっくりと光る粉と化しながら、消えていった。

待て

二人が無くなってしまう寸前、私の心が騒ぎ立てたような気がした。
しかし私は何もせず、何も言わず、無言で彼らの消滅をただ眺めただけだった。

私達は勝った。勝って生存の権利を手に入れた。同時に「向こうの人々」のそれを丸ごと奪い取った。
敵、とみなした者たちも私達と同じように、自分たちの未来を得ようとしただけだった。
仲間を想い、笑い泣き、ポップスターの住人となんら変わらない人々を、私達は敵とし、根刮ぎ殺めたのだ。
私達と向こう側、二つのポップスターのうち、どちらか片方しか生き延びられない。
本当にそうだったのか。
両方とも生き延びる道があったのではないか。
答えを出すには余りに時間がなさすぎた。
私はポップスターの人々を生かすため、向こう側の者を皆殺しにする決断をした。

そしてもうひとりの私とカービィ、彼らも消えた。
しかしそれだけでは、終わらなかった。

(嗚呼)
強い衝撃と艦が揺れる音にも、私の心は動かなかった。
最も頼りにしている側近が飛んできた。
「わかっている」
私は側近を制した。居室のカーテンを開けると、漆黒の宇宙であるはずの暗闇が朝焼けの如く、鮮やかな赤と、橙に染まっていた。
(お前だな)
当たり前のように、それが理解できた。
上を向くと、白く輝く、四対の羽のようなものが遠くに見えた。
朝焼けのそれは、もうひとりの私、彼女の、色だった。
(「魂」か)

ポップスターの生物の中にも、強い生命力と強大な力を合わせ持つものは、肉体が滅びると「魂だけで蘇る」ものがいるという。
伝説の上では、かつてギャラクティック・ノヴァと融合したマルク、私が唯一目にした例は、ハルカンドラの万能の冠、マスタークラウンを手にしたマホロア、そしてあらゆる生命を取り込んだ天空の女王セクトニア。
そしてそれらはいずれも、強い悪意を持つものだった。
(お前はどうなんだ)
私は明星の空に浮かぶ、白い蝶に向かって心の中で呼びかけた。
自分たちを踏みにじり生き延びた私達を魂だけで蘇り、滅ぼそうとしているのか。
わからない。彼女は羽から静かに白い無数の糸を伸ばすだけだった。
そしてそれは、空を覆い、ポップスターを丸ごと覆いこもうとしていた。
それは悪意を持つ魂の躯とは思えなかった。
その白い輝きは、あまりに静謐で、美しかった。

困った人らがいるので

https://twitter.com/cabsammy/status/846701830260178944

 

診断された事実をTwitterのプロフィール欄に書いてるだけで「発達障害を言い訳に暴言吐いてる」とか

言いがかりをつけてくる上記みたいなバカが多くてうんざりしてます

(ちなみにスクショ取ってますんで根拠となる言質は公開できます)

 

Macbook proを買いました

f:id:ringopie:20170313090305j:image

人生初マック。

f:id:ringopie:20170313090327j:image

ピカピカの新品箱!

 

マックを選んだ理由は人生で1回くらいは持ってもいいかな!ぐらいですw

あと、窓(vista)のサポートが来月に切れてなおかつHDDがパンパンでアップグレードもままならない状態なので、

(ソフトで数万とぶし)

思い切って買い換えました。当然、メインマシーン前提ですよ。

(他Windowsは些細なトラブルが頻発してなおかつ解決法もイミフなので少し離れたかった

初日からUSBハブやセキュリティソフトが悪さをしてもう大変でしたが、

ネットできるとこまでは持っていきました。

カバーもつけて、17年前の(!)カラフルなiMac風にもしてみましたよ。

あれ可愛かったなあ。子供心に欲しかった……

今もシェル型のが機会があればほしい感。インテリアとしてはありかな?

 

f:id:ringopie:20170313091843j:imagef:id:ringopie:20170313092213j:image

 

現状

f:id:ringopie:20170301202423j:image

【いまのおくすり】

サインバルタ20mg/ストラテラ80mg/日

どことなくですが、

サインバルタを加えることで、

バラバラになりがちな思考が、「かたまり」になるような感覚になりました。

あと、趣味、日常生活面での意欲が全くわかなかったので、

(お風呂に入れなかったくらい)

ネットで知人の感想を聞いて、意欲の底上げという意味でだしてもらいました。

 

多動、注意欠陥はあいかわらず。ですが、

多数の情報で混乱しにくくなったのと、ケアレスミス

運動機能の欠陥による「もの落とし」は減った。

今は主に「早朝勤務の目覚まし薬」という意味で、ストラテラを捉えています。

でもPCを十年使うとして、その減価償却費より、一月の薬剤代が、高い!!

広告を非表示にする