さみfulldays♪

さみ日常雑感食べたものの話

これからは障害を「笑い飛ばさなければならない」のか

義手・義足の“欠損女子”に会えるバーに潜入 障害は「かわいい・かっこいい」|健常者はもやもやするかもしれませんが、障害を重く捉えすぎずに萌えだとかネタだとかにしてしまえるってのは当事者にとっては割と重要だと思うんですよ
— 兎摩@SMN遺伝子Exon7,8欠損男子 (@toma_takeshi) 2015, 10月 29
twitterで回ってきたネタ。

これ、デブネタと同じで自分のコンプレックスを「受け狙い」に転化する発想なんだけど、つまりデブがデブネタで受けを狙うのをしろってことか。 自虐する人は自虐を心底「楽しんで」やってると思ってるのかなという疑問が。
発想としてはお江戸の時代かなんかに四肢欠損者が見世物小屋に入れられてたらしい時代とそうかわらんものの、明るいのはいいことだ。見世物にする側とされる側、どっちも納得しているならそれでいい。

でこの「欠損カフェ」、「ブッシュドノエル」って店名がもうね、見世物感満載でオーナーがただの健常なら悪趣味極まりねーな
と個人的には思ったんだが、障害者は常に辛気臭くしてろと言ってるわけではない。

わたしが懸念しているのは、障害ライフをハッピーに生きよう!という風潮が行き過ぎて
自分の意志にかかわらず、世間の風から自分の障害をネタに「笑い飛ばすことを強要される」ことが多発しないかなあということ。
健常と障害者の間における人間関係の「バリアフリー化」を目指すために、「自分の気にしていることをネタにする」ことを余儀なくされ、傷つくことを強要される障害者さんもでる はずです。でもそれは「マイノリティ」として黙殺されていくんでしょうな。「バリアフリー化」のために障害者が「段差埋め」をしなければならない自体が起きるれば本末転倒でしかない。

どうせならもうハンセン病/統失カフェでも作ったらどうかな。 かーいい統失コンパニオンが接客してくれんの コア向けには閉鎖病棟クラスのコンパニオンがいる店を。