読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみfulldays♪

さみ日常雑感食べたものの話

ギャラメタ夫婦+親子話 その2

星のカービィ 星のカービィ/ギャラメタ

しょっちゅう父上が、ぼくに言っていたことがある。
「いいか、メタリア。何があっても母上を無理やり起こしてはいけない」
「星が2つ3つ、無くなるからな」
その目はいつも、決して冗談を言っているそれではなかった。

母上は寝起きが悪い。
というか、自分の意志で起きる時以外は、極めて機嫌が悪い。
ある時は、巨大なスーパーコンピュータを一閃で破壊し、(今もその爪痕は度々目にする)
ある時はポップスターの衛星を2つ3つ消しとばし、
ある時は山が丸ごと消えたという。
そのような武勇伝?らしきものを聞いているから、それは何があってもしてはいけないことなのだと大抵理解しているつもり。
まあ母上は大抵眠っていて、滅多に目をさますこともないんだけどね。起きていたらその日はラッキーな一日だ。母上に会えるんだから。

母上はいつも父上の寝室の奥にある小部屋で寝てるか、ふらりとどこかへいってしまうか。少なくとも、ぼくと父上以外にはその姿を見せたことがない。
多分ぼくら以外には、メタナイツしか母上がここにいる事を知る者はいない。
誤って起こしてもいけない、って事情もあるんだと思う。

母上の話をする時の父上は、すこし楽しそうだ。
一見物騒な話しかないけど、そんな猟奇的な所も含めて、
父上は母上をとても愛している、っていうのがわかる。
僕も。その理由はまた今度。

さて、昼間に銀河最強決定戦もとい夫婦喧嘩を繰り広げた二人は、この広大な軍事基地のどこかにいた。
今日は流星がきれいなので、お気に入りのバルコニーで星を見ようとして飛んで行ったら、先客がいた。
二人はただ、星を見ている。
何も話そうとはしない。でも、二人はお互いにそばにいて、そこに小さな世界が形成されているみたいだった。

邪魔しちゃいけないんだろうけど、ぼくは父上と母上の側に行きたくなった。父上と母上の間に向かって飛び降り、くるっと空中でまわって着地すると、両手で二人の片手をそれぞれ握って、くっつけようとした。でも二人はそれを頑なに拒んでいるようだ。ピクリとも身体が動かない。

でも、二人とも、ぼくの手をそっと握り返してくれた。
両手にある、父上と母上の手の温もり。それが暖かくて目を閉じ、それからは父上と母上と一緒にいつまでともなく、一緒に星を見ていた。
ぼくはこの日をずっと忘れないと思う。