さみfulldays♪

星のカービィきまぐれ創作、他

泣きたい場所 (メタスー破局後のメタとモモ)

スージーが出ていった日の夕刻。

 

「メタリア」

メタナイトが声を掛けた。

見下ろす大地のはるか遠くには、夕日に照らされた海が見える。

 

「はい」

「今度、海を見に行くか」

今、ここには二人しかいない。

メタリアが見た、すこし洒落た、灰褐色の石造りのバルコニーにやや屈みもたれて、風にあたる彼の横顔は、

だいぶ吹っ切れていた。

「海、ですか……いいですね」

兄が言うのは、言うまでもなく、オレンジオーシャンのことだろう。

あそこは、夕暮れ時ともなれば、空から大地まで、何処までも蜜柑色に染まる。その様相は、得もしれぬ美しさだ。

一度、二人が幼い頃、今は亡き父に連れていってもらった。それっきりだ。

「僕達、旅行なんてしたことないですものね」

「そうだな」

ふたたび、二人で静かに海を見る。

オレンジオーシャンのような華美な美しさでないにしても、橙色に焼けた空と森の色は、焦燥した心にどこか落ち着きをもたらす。

数時間前まで、とてもバタバタしていたのに。

メタリアとスージーの会話の後にちゃんと二人で納得いくまで話し合ったのだろう、メタナイトはわりと穏便にスージーと別れたようだ。

「お付き合いしますよ。兄上の傷心旅行」

「そういう言い方をするな」

まだ傷は全然癒えてないんだからな。

とでも言いたげに憮然とする兄に、メタリアはくすりと笑みを漏らす。

「ねえ兄上。ぷにぷにちゃんも誘っていいですか?デデデと、わどわどちゃんも」

「駄目だ」

メタナイトは仮面の奥で嫌そうに瞳を狭めた。

「あいつらがいたら、騒がしくて骨休めどころではない」

「みんないたらきっと楽しいのです」

一日中海や森で遊んで夜遅くまでゲームしたり騒いだり、

みんなで一緒に過ごすと考えるだけで楽しい。メタリアは心を躍らせた。

「『お前が』楽しいんだろう」

「ばれましたか」

メタリアは照れ臭そうに頭をかいた。

「でも、僕も結構騒がしいですよ?」

「お前一人ぐらいならどうにかなる」

まあとにかく、少し静養したいが、独りだけでは寂しい、ということなのだろう。

「じゃあ、うちのわどわどちゃんは、連れてっていいですか?あの子は静かだし、よく働いてくれますから」

「いいだろう」

 あの子は人の時間を邪魔しないし、よく人の気持ちにも気を配れる子だ。

 それに、自分一人ではメタリアも身を持て余してしまうだろうし、彼女の話し相手にもちょうどいい。と彼は考えた。

 

「父上が亡くなってから家族で旅行なんて、はじめてですね。ぼく、すっごく楽しみなのです、兄上!」

メタリアが風の方角に向かっておもいっきり背伸びをした。

夕焼け空の色が、彼女のマント、後ろ姿と同化する。

本当は、少し泣きたい。

でもここでは泣くことはできない。

彼の脆さを、弱さを知っているのは、

メタリアだけなのだ。