読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみfulldays♪

さみ日常雑感食べたものの話

断片/機械仕掛けの騎士①

星のカービィ/機械仕掛けの騎士(断片)

その時、思いもよらない事が起こった。

残骸とかしたエリアガーダーが最後の悪あがきとして、巨大な二対のレーザー砲を放ってきたのだ。

予測していなかった二人は左右に散るが、メタナイトの方は回避が間に合わないのが明確であった。

(しまった…かわせない!!)

「兄上!!」

瞬間、横から飛び出してきたメタリアがステラマキナに体当たりをした。

レーザーが彼女に直撃する。

そのお蔭でメタナイトは難を逃れたが、ステラマキナ・ペシェの左腕部が大破し、彼女は戦線から離脱する。

彼女から「大丈夫」との通信を受け、彼は作戦の依然継続を決めた。

彼女であれば、なんとか上手く脱出するだろう。

----------------------

一方、メタリアは自力でコントロールを立て直し、いずれかの海へ不時着水していた。ただし、着水直前でパージしたため、今の彼女は生身である。

偶然なのかどうなのか、そこは敵陣営のまっただ中だった。

それだけでも非常に困難な状況なのに、

目の前には巨大な、鉄の巨人兵がそびえ、彼女を睨みつけている。

「ギガウォルト…!」

もともと陸戦用だったそれは、いつのまにか水上用のものもできていたらしい。

ギャラクシアはステラマキナに装填されたままだ。

彼女の魂の一部であり、「そのもの」であるギャラクシアは、いずれ手元に戻ってくるはず。

だが今はのんびり探せるような状況ではない。

ギガウォルトが咆哮を上げた。

「素手で勝てます…かねっ!」

 

-------------------------

「ミストレス」

「第三機動部隊が、"ペシェ"のパイロットを確保したそうです」

現在においてのカンパニーの実質的指導者であり、スージーのクローン体である、ベアトリスは直属の部下の報告を聞き、デスクの下で静かに足を組み替えた。

「ご苦労。パイロットは本社に連れて来なさい。丁重にお迎えして。彼女にはカンパニーで重要なお役目を果たしてもらわなくてはならないの。」

「御意」

彼女に報告を終え、下がるその部下は黒に赤いラインのボディを持った、あの忌まわしき、「メタナイトボーグ」であった。